» 感じたままに表現できるか(その2) | 北品川駅徒歩5分。自ら考え行動する「自律学習力」を養う塾 - OGI塾

photo

自律学習塾 - OGI塾

自ら考え行動する「自律学習力」を養う塾

感じたままに表現できるか(その2)

こんばんは。キャリア教育塾OGI塾代表の荻原嘉一郎です。

昨日の続きの話です。



小学生のとき、私は優等生でした。勉強はそこそこでしたが、「素行」が良かった。

先生や親からは、「嘉一郎くんはいい子だね」と常に言われてました。

先生や親が満足する回答をなんとか出そうとして行動してました。

でも、時々、何かが爆発するんですよね。急に乱暴なことをしたこともあります。

周りの大人の表情を見て、自分の行動が、「正しかったのか」「誤っていたのか」を判断していたん

です。

それを今まで続けてきたわけです。

少し呪縛が解けたのは、ここ数年のことです。

相手の顔色を見なくても、発言をしたり、感情を出せるようになってきました。

「嫌なことは嫌、好きなことは好き」ということを言えるようになったんですね。

間違えても、「間違えちゃったー」と少しづつ言えるようになってきてます。

今、習っている「演劇」のワークショップでも、みんな大きな声で「間違えちゃったー」と

言ってます。

でも、まだ間違えるの怖いんです。本当は。

いや、間違えること というよりは、「周りにどう思われるだろう。バカだと思われないだろうか」

ことを恐れてるんでしょうね。多分。

 

数学の法則(ピタゴラスの法則など)を間違って理解していた。としても、何を間違ったか を見て勉強すれ

ばいいんだけなんです。

 

そして、この世の中、「正しい」「間違い」が論理的に誰が見ても「正しい」「間違い」であるものは、多く

ないと思います。

だから、極端に言えば、自分で考えたこと、感じたことを言えばいいだけだと思います。

 

もちろん、それを言い放つだけでなく、理由を言ったり、互いの考えをちゃんと聴くと

 

いうことが必要になってきます。

 

親も含め、子供に対する大人は、そう言った姿勢で臨みたいですよね。

 

_DSC1968

 

 


まずは雰囲気を見たい、個別に相談したいという方、随時ご相談承っております。

photo

無料個別相談、無料体験授業を随時行っております。
お気軽にお声掛け下さい。

photo

お問い合わせ・資料請求

またはお電話番号
03-6869-4553

(代表電話番号:月-土 10:00〜19:00受付)

//